屋外型トランクルームの特徴

屋外型トランクルームを知って、活用しよう!


屋外型トランクルームは、屋外に設置されているコンテナタイプが主流となっています。このコンテナを、トランクルームとして借ります。屋外型トランクルームの大きな特徴は、車に乗ったまま敷地内に入ることが可能な施設が多いことです。トランクルームの側に車を駐車させることができるので、荷物の出し入れが簡単にできます。また屋内型トランクルームより大きなサイズが多いことも特徴です。家具や家電など大きなサイズのものや、日曜大工用品やアウトドア用品などを保管するのに適しています。自転車やバイクの駐輪場代わりに利用したり、スキー板などオフシーズンのものを保管する人もいます。頻繁に出し入れするものを保管する場合にも車を側に駐車できるので、適しているといえます。また屋内型トランクルームに較べて料金が安く設定されていることも、特徴となっています。

屋外型トランクルーム利用時に、気をつけることとは?


屋外型トランクルームで注意すべき点は、空調が完備されていない場合が多く、温度や湿度の影響を受けやすいことです。そのため洋服や布団、絵画や思い出の品々など、そしてワインなど温度や湿度に影響されやすいデリケートなものは保管に適していないといえます。カビやダニが発生する危惧もあり、自分で対策する必要があるかもしれません。またセキュリティに関しても、屋内型トランクルームに較べると不安があるいわれています。立地場所や敷地内外の外灯の有無、防犯カメラの有無などを確認することが必要です。自宅の延長のように気軽にトランクルームを借りる人が増えています。屋外型トランクルームの特徴をよく理解し、そして適したものを保管することで、快適に活用できるといえるでしょう。

空いた土地をバイクガレージにするのには利点があります。それは、普通のガレージよりも駐車できる台数が多いのでたくさんの利益を生むという点です。